2009年03月14日

Opera10 Edition Turbo

opera_turbo.PNG

3月10日に Opera10α build1345 が出てましたが、今度は Opera Turbo を使える build1355 が出ました。

今の所の使用感はサーバーで圧縮されたデータが送られてくるためか上の画像のようにブロックノイズ?が現れたり、画像の画素数が落ちてる感じがするのと、この画像をアップロードするのに Opera Turbo を停止する必要がありました。

Opera Turbo を実感するために Windows ではNetLimiter 2 Pro をインストールして接続を100KBに制限してテストするよう書かれてますが、設定がうまくいかず機能してません。

それでも接続環境がもともと悪いので、左下に出る Opera Turbo のアイコン横には x1.4〜x4.3 と確認できました。

What kind of Web content will be compressed?
Not all content will be compressed when you load a page with Opera Turbo turned on. For example, Flash and animated GIFs won't be compressed. In fact, Flash content won't be downloaded at all initially. Right now you will just be presented with a white box saying "plug-in content" (there will probably be a image there later on). But if you click that white space, the Flash content will be downloaded and will play right away.

Opera Turbo Labs release - Opera Desktop Team

と説明されてるように Flash コンテンツは空白のボックスに「plug-in content」と表示され、クリックすると表示されるのですが、先日紹介した SWFObject 2 を使用していると機能しなくなってしまいます。(ダイナミックパブリッシングだけかもしれません。)

上記の SWFObject 2 の問題は HTML container id とFlash content id を同じ文字列にしていたのが原因でした。
使い方の説明 My SWFObject も修正しました。
posted by Hideto at 01:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | インストール |
コメントを書いてください
お名前: (必須入力)

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: (必須入力)
【お願い】スパムフィルタ回避のためにコメント欄においては my.opera.com を myopera.com に変えてください。


認証コード: [必須入力]
75GDBZ

※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。